自賠責保険の補償範囲について

自賠責保険とは、自動車やバイクを運転する際に加入が義務付けられている保険をいいます。
交通事故による被害者の救済を目的に法律により定められており、未加入の場合の罰則規定もあります。

自賠責保険の補償範囲は、自動車を運転中に他人にけがをさせた場合、死亡させた場合、後遺障害となった場合に及びます。
そして、自賠責保険の保険金等は迅速かつ公平に保険金等が支払われるように、国土交通大臣および内閣総理大臣により「支払基準」が定められています。

その支払基準というのは、傷害による損害の場合は最高120万円となっており、治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料がその範囲となっています。
死亡による損害は最高3,000万円となっており、葬儀費・逸失利益・本人および遺族の慰謝料がその範囲となっています。
後遺障害による損害は、後遺障害の程度により分類され最高4,000万円となっており、逸失利益・慰謝料等がその範囲となっています。
また、死亡するまでの傷害による損害として最高120万円の支払いもあり、範囲は傷害による損害の場合と同様です。

以上のように支払い基準が定められており、加害者に十分な支払い能力がなくても、交通事故により多額の損失を被る被害者の救済をはかっています。

Comments are closed.

最近の投稿