運転者限定

昨今の日本社会において、生活の足として欠かすことができないと言っても過言ではない自動車。
ビジネス・プライベートを問わず、私たちはその恩恵を数多く受けていますし、自動車がなければ生活に困るという人は世の中に数多くいることでしょう。

そんな便利な自動車ではありますが、安心、安全に乗るためには自賠責保険はもちろん、任意保険への加入も欠かすことはできません。自賠責保険だけでは物損事故のカバーができませんし、対人補償も完全とは言えません。また、自身や同乗者に対する補償もないので、万が一を考えて任意保険に加入をしておくのがベターと言えるのです。
任意保険に加入をする場合、保険料が比較的高額であるため、多くの人が頭を悩ませます。保険料を抑えるためにはどうするのが効果的なのでしょうか。
もしも自動車を運転する人が限られているのなら、運転者限定による割引制度を利用するのが賢いと言えます。
保険の対象とする人を記名被保険者のみや、記名被保険者とその配偶者のみとするなど、自動車の利用状況に合わせて保険対象を限定することで保険料を抑えることが可能なのです。
ただし、この割引制度を利用した場合、対象者以外が運転をして事故を起こした場合、保険金は支払われないので注意が必要です。

Comments are closed.

最近の投稿