得する豆知識!燃費を良くする運転方法とは?

車を運転する際に燃費を良くするには、車を軽くすることが燃費を良くすることにつながります。重さだけでも結構車はエネルギーを消費するので、少しでも軽くするために、不要なものは車に乗せないこと、少しでも軽くするためにガソリンを満タンにしないということだけでも違います。
車を発進するときには、最もガソリンの消費量が多くなるため、発車の際には、クリープ現象を利用するだけでガソリンの消費を少なくすることができます。オートマ車でドライブに入れるだけでアクセルを踏まないでも動き出す現象がクリープ現象といいます。この現象をうまく使うことで、ガソリンの消費を少なくすることができます。
信号待ちの際には、エンジンを切ってアイドリングをOFFにすると、アイドリングだけでもガソリンを消費するため有効です。信号や踏み切りで待ち時間が長くなりそうというときには、アイドリングの状態をなるべくなくすことで燃費を良くすることができます。
信号になるべく引っかからないようにすることも、車はアクセルを踏み込むほどガソリンを多く消費するため、信号に引っかからないようにすることで停車から発進までのアクセルを踏み込む回数を減らすことができます。
運転の際にちょっとしたことで、燃費を良くし、お得な運転をすることができます。テクスチャー13

Comments are closed.

最近の投稿