障害による損害への補償とその内容について

車を所有している人が必ず入っている自賠責保険。加入しないと法律違反となり、罰金や免許停止処分になるので、車を運転するなら加入するのが義務です。そもそも自賠責保険は、被害者の救済が目的の保険なんですが、被害者の故意や過失が原因の事故で加害者に全く責任がない場合は、支払わなくても良いケースもあります。でも、加害者の過失で被害者に障害などの損害があった場合には、もちろん治療費や慰謝料を支払う必要があります。仕事を休業する・傷害の治療費は最高で120万円と決められています。死亡すると3000万円が支払われます。では、もし被害者に後遺症が残ってしまった場合の保険金額はいくらになるのでしょうか。1級から14級とあり、1級が一番重度で神経や精神機能・臓器機能に著しい後遺症が残り、常に介護を必要とする状態にあると4000万円、随時介護を必要とする状態では3000万円の保険金額になります。14級では、上肢の露出面に手のひらほどのひどい痕が残ったり、局部に神経症状を残すもので75万円になります。自賠責保険からの保険が支払われる為の手順は、まず医師から後遺症の診断書をもらい、保険会社か裁判所が等級を決める流れになっています。まずは、事故を起こしたり巻き込まれないように、気を付けることが必要です。

Comments are closed.

最近の投稿