スポンジ(ウレタンフォーム)タイプの特性

エンジンのエアフィルターにはペーパー式、ウレタン式などがあります。エンジン内に取り込む空気のなかに存在するゴミを取り除くのが目的です。乾式のものと湿式のものがあります。


 

ソファーウレタン式の特徴としてどのようなものがあるでしょうか。まず最大の利点は安価なことです。デメリットとしては乾式として使うと目詰まりを起こしやすいため、ほとんどの場合、湿式です。湿式にした場合、乾式とくらべて吸気抵抗が大きくなるため、目の粗いスポンジを使用することになります。ウレタン孔の大きさより小さな異物はオイルの粘性によってフィルターで除去できるという仕組みですが、目が粗くなると細かいホコリを取り除くことは難しくなります。

フィルターが汚れたら洗浄をする必要があります。洗浄すると油分が落ちるのでオイルをしみこませる必要があります。このときに使うオイルは2ストオイルまたはエアクリーナーエレメントオイルを使います。これはエンジンが4ストであっても2ストであっても同じです。乾式とは違って素材が破損しない限り再利用をすることが可能です。

自動車のエンジンの場合、かつては湿式フィルターが主流でした。ところが技術の進歩により乾式の取り扱いやすさと濾紙の性能の向上もあって、スポーツカーなど一部の場合を除いてペーパー式が主流になっています。

Comments are closed.

最近の投稿