死亡するまでの障害による損害の定義って?

あなたは自動車を運転されますか、また運転される場合、自動車保険には加入していますか。現在、自動車の普及率が高まり、多くの家庭で一家に一台の自動車を持つことが当たり前になってきました。そのため、交通渋滞や交通事故などもそれに比例するように増えてきており問題化しています。ドライバーとして、自動車保険に入るのは自賠責保険に強制的に加入させられるのと同じくらい当たり前になってきています。自身が過失を犯して他の運転者やバイク、軽車両、歩行者に損害を負わせた場合に補償するのは当然のことですが、自身が事故にあった場合のことを考えたことはありますか、またはどのような補償が受けられるかをしっかりと理解されていますか。そのことは実際に事故に遭った場合、重要となります。例えば、死亡事故の場合は、補償や行政処分、刑事処分など法的には責任範囲も含めてはっきりと線引きがされているのですが、傷害事故により、身体に障害が残るような事故を起こした場合、補償範囲や期間をどのようにとらえるかによってしばしば、揉めることがあります。つまりは医師の診断書によって判断される訳ですが、治療金あ、通院期間をどこまで見るのか、完治までどのくらい要するのかを明確にしなければならないということです。

Comments are closed.

最近の投稿