死亡したときの補償内容について

自賠責保険は、全国一律の制度によって、交通事故に伴う相手の死傷があったときのために、最低限の補償を行うことを目的としています。したがって、事故による死亡の際には、国が定めた基準による保険金が支払われます。支払われる限度額は3,000万円ですので、もし加害者側の車両が任意の自動車保険に加入していなかった場合でも、ある程度の補償を受けることができるようになっています。その保険金の内訳としては、葬儀費、逸失利益、慰謝料があります。
葬儀費は、葬儀のために必要となった祭壇のレンタル費用や、火葬料、墓石の購入費などが含まれ、原則として60万円、さらに証拠書類によってこれを上回る金額が必要になったことが立証された場合には100万円までが支払われます。ただし、葬儀そのものには直接的に関係のない香典返しなどは除かれます。
逸失利益は、被害者が事故にあわなければ将来得られたはずの収入をベースに、その間の生活費相当の金額を控除したものです。本人のその時点での年齢や収入、扶養家族の有無などをもとにして計算されますので、個人ごとに異なります。
慰謝料は、事故の精神的な苦痛などに対応した賠償で、被害者本人分としては350万円、遺族分は遺族1人の場合が550万円で、以後遺族の数によって一定の金額が加算されます。

Comments are closed.

最近の投稿