ローターの働き

ローターとはブレーキを構成しているパーツの一つでブレーキディスクとも呼ばれたりします。この円盤状のパーツですがこのブレーキをかけた際、このディスクをブレーキパッドで挟み込むことで車を停止させています。このブレーキディスクはホイールと連結しているため、ブレーキディスクの回転を止めることで連結されたタイヤの回転を止めることができ、結果として車を停止させることができるのです。このブレーキディスクにも様々な形状があり、用途によって使い分けされています。通常ですと何の変哲もない丸い円盤状のものなのですが、スポーツタイプの車両には穴が開いているブレーキディスクも採用されています。この穴がブレーキをかけた際、ブレーキパッドを綺麗にする役割を果たします。また、空気に穴をあけることでブレーキディスクの表面積を増やし、空気に触れさせることでブレーキディスクが持つ熱を発散させる働きがあります。スポーツタイプの車両ですと、ブレーキを頻繁に使用するため、時によっては熱を帯び、真っ赤になってしまうこともあります。そういった環境でもしっかりとブレーキの性能を発揮できるため、様々な形状のブレーキディスクが開発されています。ゴルフ02

Comments are closed.

最近の投稿