燃費を抑えるコツ|アクセルの踏み込み

テクスチャー02燃費を抑えるためには、アクセルの踏みこみを意識することが効果的な方法になります。
まず、車というのはアクセルを踏んだときに一番燃料を消費するわけですから、アクセルワークに気を使うことで燃費を良くすることができます。

燃費を良くするためには発進のときにアクセルを踏みすぎないことが重要となりますが、逆に必要以上にゆっくりとアクセルを踏みすぎて結果として加速している時間が長くなりすぎるのも燃料を余計に消費してしまうことになります。
急発進をして急減速をするような運転をしていると、必要以上に燃料を消費するばかりかせっかく生み出したエネルギーを急減速によって捨ててしまうことになるので燃料が無駄になってしまいます。

そのため、理想的な走行としては必要以上にアクセルを踏み込まず、速やかに加速をしてあとはその勢いで惰性で走行をするのがよいということになります。
もちろん、道路状況によっても変わってくるのですぐ先の信号が赤になっているというのであれば、いくら加速をしても意味がありませんから速やかに加速をしても意味がありませんし、逆にしばらく信号がない場所では多少アクセルを踏みすぎても早めに巡航速度に乗れば燃費はよくなるので道路状況も加味したアクセルの踏み方を意識しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿