年齢の限定

家計のなかで大きなウェイトを占める自動車保険料。できることなら補償内容を削ることなく、保険料の支払額を節約したいものです。一般的に保険についてはライフステージの変化とともに見直すことが基本です。自動車保険に関しても、人生の節目に見直しをおこなえば保険料の節約につながるかもしれません。
自動車保険の保険料を簡単に節約できる方法として、年齢限定を設定するという方法があります。保険料は運転者の年齢が高くなればなるほど割安になります。全年齢を対象にしているよりは21歳以上、21歳以上よりは26歳以上、26歳以上よりは30歳以上のほうが保険料が安くなるのです。たとえば同居している子どもと車を共有している場合、子どもの年齢に合わせて限定すれば、保険料を節約することができます。また子どもが独立した場合は、親の年齢に合わせて35歳以上限定に変更すれば保険料はかなり違ってきます。
このように運転者の範囲を年齢で限定する仕組みは多くの保険会社で採用されていますが、保険会社によって年齢の区分が異なる場合もあります。すでに加入している保険会社の年齢区分を確かめるのはもちろん、他の保険会社の保険商品と比較して再検討することも大切です。

 

Comments are closed.

最近の投稿