燃費を良くする運行管理とは

トラックや宅配便などの輸送、運送事業者にとっての悩みの種はなんといっても燃料費、ガソリンなどへの費用です。1円でもコストカットしたい事業者としては削れるものなら削りたいと誰でも思います。ですが、頭ではわかっていても、急な発進やブレーキ、スピードの出しすぎをついしてしまいます。そうしたことのないように、デジタルタコメーターと呼ばれるもので運行管理しようとする動きが加速しています。

デジタルタコメーターでは、急加速や急ブレーキに関する警告音を発したり、事前に設定した速度を超過する場合には警告音を鳴らし、超過しないようにすることで燃費を軽減させることができます。また、こうしたもので運行管理し、そのデータを用いてランキングをつくり、表彰する制度を設けることで省エネ運転を奨励する動きが見られます。こうしたことで削減されるガソリンは相当な数量に及び、燃料費の削減に大きくつながっています。

こうしたデジタルタコメーターに付加価値をつけ、アクセルのムラを教えてくれたり、運転状況の点数化などをしてくれる機能などを搭載し、更なる燃料費の削減と、ドライバーのやる気を引き出し、事業者側が運行管理しやすい環境を進めていけるようにしてくれます。テクスチャー18

Comments are closed.

最近の投稿