燃費を抑えるコツ|停止

テクスチャー05運転の仕方により燃費の良し悪しは大きく左右されます。よく言われる話ですが「急」の付く運転はエンジンを高く回転させるためガソリンを多く消費します。逆に言えば「急」の付かない運転をすればガソリン消費は少なく済みます。これを「エコドライブ」と言います。
では、どんな技術が必要か説明します。減速する時にフットブレーキだけに頼っていませんか。これを多用するとやはり多くのガソリンを消費します。ブレーキ装置にも負担がかかり状況によってはブレーキが故障して止まれなくなる事もあります。
そこで活用したいのがエンジンブレーキ。オートマ車の場合ギアチェンジするシフトレバーの投入位置は通常走行ではDです。信号等で停止する事がわかった場合この時点でアクセルオフにしてシフトレバーを2やLに下げたりエンジンブレーキボタンを投入します。ある程度速度が落ちたらフットブレーキを踏むようにします。
また、発進時も重要。エンジンを吹かせてアクセルを踏み込み短時間で加速するのは最も燃費を悪化させる原因です。優しくゆっくりと踏み込み少しずつ加速するのが理想的です。一定速度に達してもさらにアクセルを踏み込むのもダメです。そうなったらアクセルオフを心がけます。

Comments are closed.

最近の投稿