急な加減速は燃費が悪い理由

テクスチャー11車の燃費が悪いと思っている人は、運転の方法を見直すことで改善させることが出来ることもあります。
燃費を悪化させやすい運転として波状運転があり、急な加減速を繰り返していると無駄な燃料を消費してしまうことになります。

急加速をすればそれだけ多くの燃料を消費することになりますし、急に減速をするということはせっかく燃料を消費して生み出したパワーを捨ててしまうのと同じことになってしまいます。
そのため、燃費の良い運転をするためには車間距離を開けて速度を一定に保つ走り方をするようにすると良いでしょう。
燃費は一定の速度で走行をしている時が一番伸びやすいので、急な加減速をする必要が無い車間距離を保っていれば自然と燃費も良くなって余計な燃料を消費しないように済むのです。

急な加減速をしているつもりがない人であっても、車間距離を詰めすぎる傾向にあれば距離が詰まり過ぎたり前方でブレーキを掛けられるとそれに対して強めのブレーキになってしまいエネルギーが無駄になってしまいますし、今度はあいた距離を再び詰めるためにアクセルを踏めば余計な燃料を消費してしまうことになります。
余計なアクセルを踏むのは余計な燃料を使うことになるので、このようなことにならないように気をつけましょう。

Comments are closed.

最近の投稿