後遺障害が残ったら生じる補償内容について

交通事故によって受けたケガが完治したにもかかわらず、身体の機能に何らかの肉体的または精神的な損傷が認められる状態が固定したものを後遺障害と呼んでいます。もちろん、こうした障害は交通事故によるケガとの間に因果関係が認められることが必要ですので、保険金の請求にあたっては医師の診断書の提出を求められます。
このような場合、自賠責保険では逸失利益および慰謝料などが保険金として支払われますが、その金額の上限は障害の程度がどれほどであるかによって異なっており、神経系統の機能や腹部、胸部の臓器または精神機能への著しい障害であって、常時看護を要する場合には4,000万円、随時看護を要する場合には3,000万円となっています。これ以外の障害については、3,000万円が上限となっています。
保険金に含まれる逸失利益は、障害により労働能力が失われたことによって、今後の人生において生じるであろう収入の減少に見合った額のことです。これも障害の程度を等級付けして喪失率を算出したのち、喪失期間を掛けて金額を決定します。慰謝料は、交通事故による精神的および肉体的な苦痛についての補償であって、障害の程度がもっとも重い場合には、1,600万円が支払われます。被害者本人に扶養家族がいる場合には、一定の金額が増額されます。

Comments are closed.

最近の投稿