可変排気システムの仕組み

車には吸気と排気のそれぞれのシステムがありますが、排気については可変式も登場してきてます。車の排気はエンジンで燃えたガソリンの排気ガスですが、うまく管理することで出力を上げることができると言われています。排気で大事なのは適切な流れです。現在の自動車は排ガス規制があり、そのまま排ガスを排出することはできません。そのため、排気する際にはキャタライザーやマフラーで浄化、消音化することが求められています。


排気ガスはパイプの中を強制的に排出されますが、排出の際に抵抗が多いのでエンジン出力に影響があると言われています。理想を言えば抵抗を減らしてスムーズな排出ですが、それに近づけるためにパイプの径や長さにメーカーは苦心しています。消音化をし過ぎるとエンジン出力が上がらないことになりますし、車検を通るギリギリにすると長期間使ったマフラーでは徐々に消音性能がなくなりますので、車検が通らなくなります。そこで開発が進んでいるのが可変排気システムです。排気の流れを調節する弁などを取り付けることで普段は静かで出力も抑え気味にし、スピードが必要な場合には排気音も上げながら排出ガスの流れをスムーズにします。多くのメーカーが開発してきており、採用する自動車も増えてきています

Comments are closed.

最近の投稿