エキゾーストマニホールドの働き

自動車エンジンは燃料と空気の混ざった混合気を燃焼室に吸い込み、それを圧縮して爆発燃焼をさせて出力を得ています。しかし、このままでは次の混合気を吸い込む事ができません。なぜなら、燃焼室には爆発燃焼後の気体が残っているからです。そこで、この使用後の気体を排出する必要があり、その為の最初の通路となるパイプがエキゾーストマニホールドです。


二輪車や発電機、その他のエンジンでは単気筒エンジンが存在し、その場合には排気通路は1本となりますが、自動車エンジンには単気筒は存在しない為、シリンダーの数と同じ本数の排気通路が必要となります。そして、そのまま車体後部まで取り回すのは、製造コストやスペース、排気効率の観点などから都合が悪いので、一本のフロントパイプに収束され、更に触媒・マフラーを通過して排気ガスが排出されます。エンジンのシリンダーからフロントパイプへと排気ガスを収束する際に、各パイプの長さが違っていたり、曲がり方がなめらかではなかったりすると排気の流れが悪くなりますが、等長でなめらかなカーブを描くパイプを製作するのは、量産では困難なため、社外品として販売されている等長の製品には職人の技術が込められていて、とても高価なパーツとなっています。

Comments are closed.

最近の投稿