暖機運転は不要なワケ

車を大事にしている人は寒い時期など暖機運転を心がける人も多いことでしょうが、実はこれは必要ないものだということをご存知でしたでしょうか。
車が暖まるまで何分もアイドリングを続けているという人は多いものですが、これはほとんど意味がなくむしろ燃料だけを消費してしまうことになるのです。

しかし、暖機自体は車をいたわる意味でも重要であるのも事実であり、正確にはただエンジンを掛けてそのままにしておくというのは無意味なものとなっています。
その理由というのは車はエンジンだけが暖まっても意味がなく、全体が暖まらなければ意味がありません。
アイドリングだけではエンジンが暖まるだけでそれ以外の部分はそのままですから、ただエンジンを掛けておくというのはほとんど意味のないこととなるのです。
意味のないアイドリングをしていれば、無駄な燃料を使うだけですから勿体無いものですよね。
そこで、車に優しい暖機運転というのは走行を始めた直後というのは車に負荷をかけないようにゆっくりと走ることが重要であり、走行しながら暖機運転をするのが一番のポイントとなるのです。
これであれば車もいたわることができますし、省エネドライブにもつながることになります。テクスチャー19

Comments are closed.

最近の投稿