ブレーキパッドの寿命と交換頻度について

車の停止に欠かせないブレーキパッドは、走行から減速の行い方で寿命が変わります。
高速なスピードを出した状態でブレーキを行えば、強い力が各部に作用し、パーツの摩耗や劣化を発生させます。
特に、ブレーキ部は影響が大きく、走行を止める力が摩耗させるので、乗り方が性能低下や劣化を引き起こすといえます。
部品のサイズは小さく、接触面積が限られますから、この部分が摩耗し小さくなってしまうと、新品時の性能とはかけ離れた状態に変化します。
通常の乗り方では、長距離を走行しても問題は発生しませんが、荒い運転では異音が出たり、ブレーキの感覚に違和感を覚える場合があります。
平均的な運転の仕方なら、約7万km程度までは問題ありませんし、劣化の進み具合は緩やかですから、余裕を持って使用と交換が可能になります。
急な加速と停止を繰り返す場合は、約2万kmほどでも問題を引き起こすケースがあるので、運転の優しさが部品の性能に影響を与えると考えられます。
この部品がなければ車の停止が行えないので、運転機能維持が安全に欠かせない存在です。
音に意識を傾けたり、注意して聞く習慣を身に付ければ、状態の変化や異変の察知が行えますし、交換の時期を知る情報の一つとして判断が可能です。アイススケート01

Comments are closed.

最近の投稿