2台目以降も同じ所有者設定にする

自動車を所有する場合、ガソリン代のほかにも自動車税や保険の加入も大切な義務です。
自賠責保険は強制加入ですが、自賠責は、事故の相手方の被害に対して、法律で求められる最低限度の補償をするだけで、事故の態様によっては相手方に対しても十分な補償とは言えない場合もあります。
また、所有者自身の不詳や自動車の損害に対しては、任意加入の自動車保険に入っておく必要があります。

 自動車保険は、年齢条件や補償の内容を細かく設定することができますが、補償を手厚くするほど保険料は高くなり、一方保険料を抑えると、肝心なときに十分でないこともあります。
 車を持つすべての人にとって、任意保険の保険料節約は大きな課題です。

 家族で使うためや、目的によって、家に複数の車を所有している場合、2台目も所有者を同じにすると、保険料の節約になります。
 保険契約者を同じにして同じ保険会社で契約をすると、複数契約割引が適用されます。
 複数契約割引のメリットは、保険会社によっても異なりますが、共通点としては、これまで積み上げてきた割引等級を引き継ぐことができます。
 その他、複数契約では、通常年払いではなく月払いにすると保険料が割高になりますが、毎月払いでも年払いと同じ保険料で加入できる場合などがあります。

Comments are closed.

最近の投稿