Archive for 3月, 2016

道路交通状況をチェックしましょう

道路交通情報では、その道路での混雑状況、また行われている工事の情報や事故が発生した場合はそれについて詳細な情報も知ることができます。快適なドライブを行う上では知っておきたい情報です。またこの道路交通情報を知ることは、いわゆるエコドライブと呼ばれる、燃費にも環境にも優しい運転にもつながることです。その理由として、まずは混雑を避けることができると言うことが挙げられます。渋滞などに巻き込まれてしまった際、その間も自動車は稼働しています。つまり燃費が発生している状態です。しかし混雑を避ければ燃費が発生するのは同じですが、距離を走行することができます。燃費に対する省エネは、それ自体を抑えることは勿論ですが、発生した燃費を活用することも重視したいですから、この点を道路交通情報は実現してくれます。また道路交通情報によって、迷うのを防ぐことができると言うのも理由です。目的地が分からずうろうろと自動車で迷うと、その分、燃費は無駄になってしまいます。これも決して省エネとは言えません。ですから、まず出発前にはあらかじめ目的地までのルートや道路状況を調べておき、そして出発してからもこまめにそれらの情報を入手するようにすると、とても省エネなドライブを実行できます。道路交通情報はラジオで聞いたり、カーナビにシステムとして組み込まれている場合もあります。またインターネットから調べることも可能ですが、この際は必ず、車を安全な場所に停めて調べて下さい。ピカピカ01

エアコンを調整しましょう

省エネドライブをするためには車の走り方に気をつけることも重要ですが、エアコンの使い方というのも重要なものとなってきます。
特にパワーのない車に乗っている場合には、エアコンに使うパワーの負担というのは影響の大きなものとなってしまうのでその分だけ余計な燃料を消費してしまうことになります。

そこで、エアコンを上手に調整することによって燃費を良くすることができるのです。
まず、車に乗る前の段階ですが車内が暑いままだと空気が冷えるのに時間がかかってしまうので、一度窓を全開にするなりして中の熱い空気を逃がすようにしましょう。
それだけでも空気の冷えが良くなるので、それだけエアコンをつけている時間を減らすことができます。
エアコンに消費するパワーというのはある程度車の速度が出ている時には、その影響が少なくなるので発進時であったり上り坂に差し掛かる時にはオフにして逆に巡航速度に乗った時であったり、下り坂に差し掛かった時にオンにすることによって効率的に空気を冷やすことができます。

ただし、注意をしたいこととしては調整に気を取られすぎて注意力が散漫になっては危険ですから、安全を確保しながら調整をするようにしましょう。–¼Ì–¢Ý’è-2

暖機運転は不要なワケ

車を大事にしている人は寒い時期など暖機運転を心がける人も多いことでしょうが、実はこれは必要ないものだということをご存知でしたでしょうか。
車が暖まるまで何分もアイドリングを続けているという人は多いものですが、これはほとんど意味がなくむしろ燃料だけを消費してしまうことになるのです。

しかし、暖機自体は車をいたわる意味でも重要であるのも事実であり、正確にはただエンジンを掛けてそのままにしておくというのは無意味なものとなっています。
その理由というのは車はエンジンだけが暖まっても意味がなく、全体が暖まらなければ意味がありません。
アイドリングだけではエンジンが暖まるだけでそれ以外の部分はそのままですから、ただエンジンを掛けておくというのはほとんど意味のないこととなるのです。
意味のないアイドリングをしていれば、無駄な燃料を使うだけですから勿体無いものですよね。
そこで、車に優しい暖機運転というのは走行を始めた直後というのは車に負荷をかけないようにゆっくりと走ることが重要であり、走行しながら暖機運転をするのが一番のポイントとなるのです。
これであれば車もいたわることができますし、省エネドライブにもつながることになります。テクスチャー19

燃費を良くする運行管理とは

トラックや宅配便などの輸送、運送事業者にとっての悩みの種はなんといっても燃料費、ガソリンなどへの費用です。1円でもコストカットしたい事業者としては削れるものなら削りたいと誰でも思います。ですが、頭ではわかっていても、急な発進やブレーキ、スピードの出しすぎをついしてしまいます。そうしたことのないように、デジタルタコメーターと呼ばれるもので運行管理しようとする動きが加速しています。

デジタルタコメーターでは、急加速や急ブレーキに関する警告音を発したり、事前に設定した速度を超過する場合には警告音を鳴らし、超過しないようにすることで燃費を軽減させることができます。また、こうしたもので運行管理し、そのデータを用いてランキングをつくり、表彰する制度を設けることで省エネ運転を奨励する動きが見られます。こうしたことで削減されるガソリンは相当な数量に及び、燃料費の削減に大きくつながっています。

こうしたデジタルタコメーターに付加価値をつけ、アクセルのムラを教えてくれたり、運転状況の点数化などをしてくれる機能などを搭載し、更なる燃料費の削減と、ドライバーのやる気を引き出し、事業者側が運行管理しやすい環境を進めていけるようにしてくれます。テクスチャー18

ちいさなことから!無用なアイドリングをストップ

車の燃料代というのは車によく乗る人ほど負担の大きなものとなりますから、気になるものだったりするものですよね。
しかし、車に乗らないと生活ができないような人の場合には、燃料代をゼロにすることはできませんから、少しでも燃料をムダにしないようにして省エネにつとめるようにしましょう。

無駄な燃料を使わないためには燃費を意識したドライブをすることも重要ですが、無駄なアイドリングをしないというのも重要事になります。
コンビニに立ち寄った際にわずか5分程度のアイドリングであっても、それが12回続けば一時間無駄にエンジンをかけているということになります。
このような小さな積み重ねが大きな燃料代につながってきますから、出来る限りエンジンを切ることができる場合には切っておくようにしましょう。
ただし、信号がすぐに変わりそうな状況などでエンジンを切ることを意識しすぎて切ってしまうと、切った瞬間に信号が変わって発信をしなければならなくなってしまった時などに慌ててしまったり、再始動のための燃料のほうが無駄になってしまうこともあるので、時と場合を考えて信号待ちでエンジンを切る時には長くかかりそうなときだけなどとルールを決めて切るようにすると良いでしょう。テクスチャー17

燃費軽減テク!アクセルオフのワザが効く!

ガソリン代が気になって気軽にドライブを楽しむことができないという人も多いかもしれませんが、車というのはちょっとしたことで燃料の消費を抑えることができます。
それでは車というのはどのような時に燃料を使っているのかというと、それはアクセルを踏み込んだ時に一番燃料を多く消費するわけですから、極力アクセルを踏まないような運転をすることによって省エネにつなげることができます。

必要のない場所では極力アクセルを踏まずに、アクセルオフにすることによって無駄な燃料を消費することなくガソリン代を軽減させることができるのです。
よくアクセルを踏み込むことだけが燃費を悪化させる原因だと考えて、極力踏み込まずにゆっくりと加速する人も多いものですが、あまりにゆっくり加速し過ぎると結果としてアクセルを踏んでいる時間が長くて燃料を余計に消費してしまうことになります。
そのため、急加速とならない程度にアクセルを踏んですみやかに巡航速度に達した後に、アクセルオフにして惰性で走行をしたほうが燃料の消費を抑えることができるのです。
また、下り坂のようなアクセルを踏まなくても車が進むような場面でもアクセルオフは有効なので、踏まなくて良い場面は極力踏まないようにしてみましょう。テクスチャー16

燃費対策!一定の速度で走れば省燃費に!

車を所有している人にとって頭を悩ませるのがガソリン代になります。
昔と違いガソリンは上昇していくばかりで、一時は二百円近くまで値上がりしたこともあります。
経済的に生活を切り詰めている人にとってガソリン代は決して見過ごすことのできない必要経費ですが、かといって仕事や通学で乗らないわけにもいきません。
エコカーと呼ばれるガソリンがあまり減らない車に乗っている方は多少なりともガソリン代を抑えることが可能ですが、普通車に乗車している方はガソリン代で苦労している人の方が多いのというのが現状です。
そんな方に是非ともやって欲しいのが省エネ運転です。
車は一定の速度で走り続けることにより燃費がよくなることで有名ですが、ドライブなど遠出をする際は実践すると良いでしょう。
速度は50キロなら50キロを出来るだけ維持し、走り続けます。
高速道路などを走る際は80キロ運転のまま速度を維持し、追い抜きなど無理な運転は避ける方が良いでしょう。
特に私用でドライブなどする場合は気分も舞い上がっていますが、かといって40キロから80キロに加速したりするとガソリンはどんどん減っていくだけではなく、車の耐久性にもよくないため注意した方が良いです。テクスチャー15

燃費を良くするために!アクセルペダルは優しく踏もう

車の燃費が気になるという人も多いことでしょうが、省エネドライブを意識するだけでも燃料の消費というのはかなり抑えることができます。
燃料を抑えるためにはアクセルワークが重要となりますが、アクセルペダルを急に踏み込むのではなく優しく踏み込むことによって、無駄な燃料の消費を抑えることができるので、毎回毎回急発進気味になっている人はアクセルの踏み方を気をつけてみると良いでしょう。

ただし、あまり優しく踏みすぎてダラダラ加速をするというのも無駄に燃料を消費してしまう原因となり、ダラダラ加速をしていると必然的にアクセルを踏んでいる時間が長くなってしまいますから、市街地などではスピードが乗ってきた頃に信号に引っかかってそれまでの加速を無駄にしてしまう場合もありますから、優しく踏みながらも適度に素早い加速をするようにするとその分だけ惰性で走行することができる距離が増えるので結果的に燃料の節約に繋がるのです。

しかし、やはり一番燃料を無駄に使ってしまうのが乱暴にアクセルペダルを踏み込むことになるので、基本的にはアクセルペダルを優しく踏むことを意識して、無駄に燃料を消費しないように意識をすれば省エネにつなげることができます。テクスチャー14

得する豆知識!燃費を良くする運転方法とは?

車を運転する際に燃費を良くするには、車を軽くすることが燃費を良くすることにつながります。重さだけでも結構車はエネルギーを消費するので、少しでも軽くするために、不要なものは車に乗せないこと、少しでも軽くするためにガソリンを満タンにしないということだけでも違います。
車を発進するときには、最もガソリンの消費量が多くなるため、発車の際には、クリープ現象を利用するだけでガソリンの消費を少なくすることができます。オートマ車でドライブに入れるだけでアクセルを踏まないでも動き出す現象がクリープ現象といいます。この現象をうまく使うことで、ガソリンの消費を少なくすることができます。
信号待ちの際には、エンジンを切ってアイドリングをOFFにすると、アイドリングだけでもガソリンを消費するため有効です。信号や踏み切りで待ち時間が長くなりそうというときには、アイドリングの状態をなるべくなくすことで燃費を良くすることができます。
信号になるべく引っかからないようにすることも、車はアクセルを踏み込むほどガソリンを多く消費するため、信号に引っかからないようにすることで停車から発進までのアクセルを踏み込む回数を減らすことができます。
運転の際にちょっとしたことで、燃費を良くし、お得な運転をすることができます。テクスチャー13

知って得する!省エネドライブのススメ

車の燃費が気になるという人も多いことでしょうが、そのような場合には省エネドライブをすることによって燃費を良くすることができ、燃料代を節約することができます。
省エネドライブというと運転の方法にまず気をつける必要があると思いがちですが、運転をする前にやるべきことがいくつかあり、まずは車の余計な重量物は降ろしておくようにしましょう。
余計な重量があればその分パワーを必要とする事になり、燃料を消費してしまうことになるので不要なものは降ろしておくことが大切です。
次にタイヤの空気圧が低下していると燃費の悪化の原因となるので、空気圧のチェックを怠らないようにしましょう。

そして、ここから実際に運転の仕方になりますが大切なのは急加速や急ブレーキといった急のつく動作をしないことです。
急加速をすればそれだけ余分な燃料を消費してしまうことになりますし、急ブレーキを掛けるとなるとそれまで生み出したエネルギーを捨ててしまうことになるので無駄が大きなものとなってしまいますから急のつく動作は省エネドライブには厳禁となっているのです。
だからといってあまりノロノロ走るのもアクセルを踏んでいる時間が長くなってしまうので、急加速にならない程度にスムーズに巡航速度に乗って出来るだけだせいで走る走り方をすると燃費を向上させることができます。本09

最近の投稿