Archive for 1月, 2016

急停止は燃費にも車体にも負担がかかるんです

テクスチャー12燃費に悪い影響を与える操作とは何でしょう。と質問した場合、急な加速と答える人は多いのではないでしょうか。もちろん正解です。では、その逆の行為である、急な停止は燃費に悪い影響を与えるのでしょうか。悪い影響を与えるというのが答えです。加速はわかるけど、停止の時はなぜ。と思う人もいるかもしれません。ここでは、急停止が燃費に与える悪い影響について説明します。
ブレーキを踏むことで車は止まりますが、ブレーキにはタイヤの回転を止めるタイヤブレーキと、エンジンに制御が働いて速度を落とす、エンジンブレーキの2種類があります。エンジンブレーキがきく際には、ガソリンカットと言って、エンジンへの燃料の供給が止まります。急ブレーキを踏んだ場合には、エンジンブレーキが作動する前にタイヤブレーキだけで止まることになるので、エンジンブレーキ作動時のガソリンカットの恩恵を受けることができない為、燃費に悪影響を与えるという訳です。それだけにとどまらず、急な停止はタイヤブレーキを酷使することになりますし、強大な力がタイヤはもちろん、各部品にかかります。強い負荷をかけ続けると、故障の原因にもなるので、止むを得ない場合を除いて、急ブレーキは避けるようにしたいものです。

急な加減速は燃費が悪い理由

テクスチャー11車の燃費が悪いと思っている人は、運転の方法を見直すことで改善させることが出来ることもあります。
燃費を悪化させやすい運転として波状運転があり、急な加減速を繰り返していると無駄な燃料を消費してしまうことになります。

急加速をすればそれだけ多くの燃料を消費することになりますし、急に減速をするということはせっかく燃料を消費して生み出したパワーを捨ててしまうのと同じことになってしまいます。
そのため、燃費の良い運転をするためには車間距離を開けて速度を一定に保つ走り方をするようにすると良いでしょう。
燃費は一定の速度で走行をしている時が一番伸びやすいので、急な加減速をする必要が無い車間距離を保っていれば自然と燃費も良くなって余計な燃料を消費しないように済むのです。

急な加減速をしているつもりがない人であっても、車間距離を詰めすぎる傾向にあれば距離が詰まり過ぎたり前方でブレーキを掛けられるとそれに対して強めのブレーキになってしまいエネルギーが無駄になってしまいますし、今度はあいた距離を再び詰めるためにアクセルを踏めば余計な燃料を消費してしまうことになります。
余計なアクセルを踏むのは余計な燃料を使うことになるので、このようなことにならないように気をつけましょう。

加速をしすぎはNG!燃料を消費しやすいんです

テクスチャー10消費増税や原油価格の高騰により、私達を取り巻くガソリン事情は厳しさを増す一方です。そのため、少しでもガソリンを節約するために燃費の良い「ハイブリッド」や「軽」に乗り換えようと考える人も多いでしょう。しかし、最も重要なのは自分自身の運転方法であり、少し運転方法を工夫するだけで燃費を改善させて、ガソリンを節約することが出来るのです。ここでは、燃料を多く消費してしまう運転方法についてご説明します。まず、加速のしすぎは燃料を多く消費します。必要以上に速度を出しすぎないよう心がけましょう。また、「急発進」や「急加速」のような「急」が付く操作をすると、「オーバーシュート」と呼ばれる現象が起こり、無駄な燃料を消費してしまいます。発進時はアクセルをゆっくり操作して発進し、「急」が付く操作をしないことが大切です。その他にも、前のクルマと適度な距離を保つことも大切です。前のクルマとの距離が狭いと、頻繁なブレーキ操作により速度が変化しやすくなるため、加減速を繰り返し余分な燃料消費につながります。適度な速度で走り、適度な距離を保ち、急発進や急加速をしない、これらの事項を心がけることで、燃費は劇的に改善します。

燃料消費をしやすい運転方法を知ろう

テクスチャー09同じ燃料を使うならできるだけ長い距離を走るほうが良いのは言うまでもありません。カー性能によって燃費は違いますが、運転の仕方によっても変わります。燃費を消費しやすい運転を避けてお財布に優しいドライブをしましょう。
最も燃料消費が激しいのは発進時です。一旦動き出せば大きな力は必要ありません。一気に動き出そうとすればそれだけ燃料を消費させます。発進時にアクセルを深く踏み込むのは燃料の無駄遣いです。
ある程度走行中の速度を保つことで燃費は向上します。市街地よりも高速道路のほうが同じ燃料でも長く走ることができるのはそのためです。市街地ではどうしても加速と減速を繰り返すことになりますが、先の状況や周りの状況をよく見てなるべく加速と減速を繰り返さないように予測しながら運転するのが燃料節約のコツです。次の信号まで加速して、赤信号で止まるような運転は最悪です。
減速する時に常にブレーキを踏むような運転をしていないでしょうか。エンジンブレーキ使用時には燃料供給がストップします。後ろに注意して周りに迷惑をかけないように、できる限りエンジンブレーキを利用して減速しましょう。
エンジンがかかっていれば止まっていても燃料を消費します。長い踏切を待つ間、荷物の積み下ろしの時、自動販売機で缶コーヒーを買う時、ちょっとした停車時のアイドリングストップが燃料消費を抑えます。

こまめにアイドリングストップが何故重要か

テクスチャー08現代の車の中には停車をすると自動でアイドリングストップをする機能を持っているモデルもあります。こうしたエコ機能は今後もどんどん広まっていくと考えられますが、どのような意味がありエコ機能を搭載しているのでしょう。
アイドリングストップをすることで排ガスの排出を抑えられるのが大きなメリットです。排ガスによって環境汚染が進んでいることは広く知られており、それが社会問題にもなっています。そこで開発されたのが停車中に自動でアイドリングを止めてくれる機構なのですが、アイドリングをしなければ排ガスも出ませんので、クリーンな環境を作る為にも一役買ってくれているのです。
アイドリングストップはユーザーにもメリットがありますが、それは燃費が良くなることです。アイドリングをしている時もガソリンはどんどん消費していますが、ストップさせることによって燃焼の消費を抑えられ、それによって燃費も向上させることができるのです。自動で燃費を良くしてくれますので、非常に優れた機能と言えるでしょう。
アイドリングストップの機能があることでエコ性能が高いと判断されますが、それによってエコカー減税の対象になるというメリットもあります。取得税や重量税などが免除されますのでお得に購入することができるのです。

燃費を抑えるコツ|停止

テクスチャー05運転の仕方により燃費の良し悪しは大きく左右されます。よく言われる話ですが「急」の付く運転はエンジンを高く回転させるためガソリンを多く消費します。逆に言えば「急」の付かない運転をすればガソリン消費は少なく済みます。これを「エコドライブ」と言います。
では、どんな技術が必要か説明します。減速する時にフットブレーキだけに頼っていませんか。これを多用するとやはり多くのガソリンを消費します。ブレーキ装置にも負担がかかり状況によってはブレーキが故障して止まれなくなる事もあります。
そこで活用したいのがエンジンブレーキ。オートマ車の場合ギアチェンジするシフトレバーの投入位置は通常走行ではDです。信号等で停止する事がわかった場合この時点でアクセルオフにしてシフトレバーを2やLに下げたりエンジンブレーキボタンを投入します。ある程度速度が落ちたらフットブレーキを踏むようにします。
また、発進時も重要。エンジンを吹かせてアクセルを踏み込み短時間で加速するのは最も燃費を悪化させる原因です。優しくゆっくりと踏み込み少しずつ加速するのが理想的です。一定速度に達してもさらにアクセルを踏み込むのもダメです。そうなったらアクセルオフを心がけます。

燃費を抑えるコツ|走行

テクスチャー04車の燃費が悪いと悩んでいる人は一度燃費を抑えた運転をしてみることによって、その状況を改善することができる場合もあります。
燃費が悪い人の運転の特徴として、むやみにアクセルをふかして一定しないスピードで走行をするというものが多くなっています。
燃費の良い運転というのは、一定の速度で走り続けることとなるのでアクセルも出来るだけ動かさずに、そのままの状態で走行できるのが燃費には良い運転となります。

燃費のためにアクセルを踏まずに加速するという人も少なくありませんが、単純にダラダラ加速するのも燃費に良いものではなくある程度巡航速度までは速やかにスピードを上げてその後は惰性で走行を続けたほうが、燃費は良くなりやすくなります。
急加速というのは燃費に対して禁物ではありますが、早めに巡航速度に到達をさせてその後は一定のアクセル開度で走行をしたほうが燃費を稼ぐことができるのです。

このように燃費というのはいかに同じ速度で走り続けることができるのかという部分がカギとなってくるので、必要以上に加速をすることなく、また必要以上に加速に時間を掛けるようなことをせずに、常に同じ速度で走行をすることができるように心がけてみましょう。

燃費を抑えるコツ|発進

テクスチャー03ガソリン代が高値で推移する中、毎月の燃料代は気になるところです。ハイブリッドカーのような燃費の良いクルマに人気があるのも、多くの人が燃費を気にしていることが現れています。ところで、クルマの燃費性能も重要ですが、運転の仕方一つでも、この燃費が大きく変わります。燃費を抑えたければ、燃費の良い運転を心がけることも大切なのです。

燃費を抑える運転のコツは、発進時のアクセルワークにあります。クルマを発進させるときには大きなパワーを必要とするために、ついついアクセルを踏み込みがちになり、燃料消費が大きくなってしまいます。そのため渋滞に巻き込まれたり、信号の多い都心部を走行すると、燃費が大きく悪くなってしまいます。

そこで、少しでも燃費を抑えるような発進をするためには、急発進せず、ゆっくり加速していくように心がけることが大切になります。時速20キロに到達するのに、5~6秒かけるくらいの感覚で発進を心がけると、大きく燃料消費を抑えることができます。後ろのクルマが気になるかもしれませんが、アクセルをそっと踏み込むようにします。クルマは一度スピードに乗ると、あとはそれほど力を必要としないので燃費は大きく落ち込むことはありません。

燃費を抑えるコツ|アクセルの踏み込み

テクスチャー02燃費を抑えるためには、アクセルの踏みこみを意識することが効果的な方法になります。
まず、車というのはアクセルを踏んだときに一番燃料を消費するわけですから、アクセルワークに気を使うことで燃費を良くすることができます。

燃費を良くするためには発進のときにアクセルを踏みすぎないことが重要となりますが、逆に必要以上にゆっくりとアクセルを踏みすぎて結果として加速している時間が長くなりすぎるのも燃料を余計に消費してしまうことになります。
急発進をして急減速をするような運転をしていると、必要以上に燃料を消費するばかりかせっかく生み出したエネルギーを急減速によって捨ててしまうことになるので燃料が無駄になってしまいます。

そのため、理想的な走行としては必要以上にアクセルを踏み込まず、速やかに加速をしてあとはその勢いで惰性で走行をするのがよいということになります。
もちろん、道路状況によっても変わってくるのですぐ先の信号が赤になっているというのであれば、いくら加速をしても意味がありませんから速やかに加速をしても意味がありませんし、逆にしばらく信号がない場所では多少アクセルを踏みすぎても早めに巡航速度に乗れば燃費はよくなるので道路状況も加味したアクセルの踏み方を意識しましょう。

みんなで心がけたい!エコ運転

テクスチャー01エコ運転とは、主には燃費上昇を目的とした運転の仕方です。しかしそれ以外にも、排気ガスの排出量を少なくさせることも可能なために、自然環境に対しても優しい運転だと言えます。自動車を利用している人は非常に多いです。そのひとりひとりがエコ運転を行えば、環境に対して働きかける力は相当なものになります。ですからみんなで、エコ運転を心がけることはとても大切なことです。エコ運転の方法としては、急発進や急ブレーキを避けることが、まずは求められます。ただし急ブレーキに関しては必要になる時もあるかもしれませんが、できるだけ距離をとって運転しておくと急ブレーキを踏むことは少なくなります。また待ち合わせの際や荷物の積み下ろしの際などに行いがちなアイドリングも、燃費を無駄に消費していますし、環境にとっては良くないことです。ですからエコ運転を心がけるのであれば、アイドリングは必要最低限に留めることが求められます。荷物に関して言えば、余計な荷物を積んで走行すると、それだけ燃費は消費されます。余計な荷物は、速やかに降ろすようにして下さい。そして遠出する時は、道路の渋滞状態などの情報をこまめに仕入れ、できるだけ混雑を避けることも必要です。また道に迷ってうろうろしていると、それだけ燃費も無駄に消費してしまいますから、道順なども事前にチェックしておくことも求められるます。

最近の投稿