Archive for 8月, 2014

死亡するまでの障害による損害の定義って?

あなたは自動車を運転されますか、また運転される場合、自動車保険には加入していますか。現在、自動車の普及率が高まり、多くの家庭で一家に一台の自動車を持つことが当たり前になってきました。そのため、交通渋滞や交通事故などもそれに比例するように増えてきており問題化しています。ドライバーとして、自動車保険に入るのは自賠責保険に強制的に加入させられるのと同じくらい当たり前になってきています。自身が過失を犯して他の運転者やバイク、軽車両、歩行者に損害を負わせた場合に補償するのは当然のことですが、自身が事故にあった場合のことを考えたことはありますか、またはどのような補償が受けられるかをしっかりと理解されていますか。そのことは実際に事故に遭った場合、重要となります。例えば、死亡事故の場合は、補償や行政処分、刑事処分など法的には責任範囲も含めてはっきりと線引きがされているのですが、傷害事故により、身体に障害が残るような事故を起こした場合、補償範囲や期間をどのようにとらえるかによってしばしば、揉めることがあります。つまりは医師の診断書によって判断される訳ですが、治療金あ、通院期間をどこまで見るのか、完治までどのくらい要するのかを明確にしなければならないということです。

死亡したときの補償内容について

自賠責保険は、全国一律の制度によって、交通事故に伴う相手の死傷があったときのために、最低限の補償を行うことを目的としています。したがって、事故による死亡の際には、国が定めた基準による保険金が支払われます。支払われる限度額は3,000万円ですので、もし加害者側の車両が任意の自動車保険に加入していなかった場合でも、ある程度の補償を受けることができるようになっています。その保険金の内訳としては、葬儀費、逸失利益、慰謝料があります。
葬儀費は、葬儀のために必要となった祭壇のレンタル費用や、火葬料、墓石の購入費などが含まれ、原則として60万円、さらに証拠書類によってこれを上回る金額が必要になったことが立証された場合には100万円までが支払われます。ただし、葬儀そのものには直接的に関係のない香典返しなどは除かれます。
逸失利益は、被害者が事故にあわなければ将来得られたはずの収入をベースに、その間の生活費相当の金額を控除したものです。本人のその時点での年齢や収入、扶養家族の有無などをもとにして計算されますので、個人ごとに異なります。
慰謝料は、事故の精神的な苦痛などに対応した賠償で、被害者本人分としては350万円、遺族分は遺族1人の場合が550万円で、以後遺族の数によって一定の金額が加算されます。

後遺障害が残ったら生じる補償内容について

交通事故によって受けたケガが完治したにもかかわらず、身体の機能に何らかの肉体的または精神的な損傷が認められる状態が固定したものを後遺障害と呼んでいます。もちろん、こうした障害は交通事故によるケガとの間に因果関係が認められることが必要ですので、保険金の請求にあたっては医師の診断書の提出を求められます。
このような場合、自賠責保険では逸失利益および慰謝料などが保険金として支払われますが、その金額の上限は障害の程度がどれほどであるかによって異なっており、神経系統の機能や腹部、胸部の臓器または精神機能への著しい障害であって、常時看護を要する場合には4,000万円、随時看護を要する場合には3,000万円となっています。これ以外の障害については、3,000万円が上限となっています。
保険金に含まれる逸失利益は、障害により労働能力が失われたことによって、今後の人生において生じるであろう収入の減少に見合った額のことです。これも障害の程度を等級付けして喪失率を算出したのち、喪失期間を掛けて金額を決定します。慰謝料は、交通事故による精神的および肉体的な苦痛についての補償であって、障害の程度がもっとも重い場合には、1,600万円が支払われます。被害者本人に扶養家族がいる場合には、一定の金額が増額されます。

障害による損害への補償とその内容について

車を所有している人が必ず入っている自賠責保険。加入しないと法律違反となり、罰金や免許停止処分になるので、車を運転するなら加入するのが義務です。そもそも自賠責保険は、被害者の救済が目的の保険なんですが、被害者の故意や過失が原因の事故で加害者に全く責任がない場合は、支払わなくても良いケースもあります。でも、加害者の過失で被害者に障害などの損害があった場合には、もちろん治療費や慰謝料を支払う必要があります。仕事を休業する・傷害の治療費は最高で120万円と決められています。死亡すると3000万円が支払われます。では、もし被害者に後遺症が残ってしまった場合の保険金額はいくらになるのでしょうか。1級から14級とあり、1級が一番重度で神経や精神機能・臓器機能に著しい後遺症が残り、常に介護を必要とする状態にあると4000万円、随時介護を必要とする状態では3000万円の保険金額になります。14級では、上肢の露出面に手のひらほどのひどい痕が残ったり、局部に神経症状を残すもので75万円になります。自賠責保険からの保険が支払われる為の手順は、まず医師から後遺症の診断書をもらい、保険会社か裁判所が等級を決める流れになっています。まずは、事故を起こしたり巻き込まれないように、気を付けることが必要です。

自賠責保険の補償範囲について

自賠責保険とは、自動車やバイクを運転する際に加入が義務付けられている保険をいいます。
交通事故による被害者の救済を目的に法律により定められており、未加入の場合の罰則規定もあります。

自賠責保険の補償範囲は、自動車を運転中に他人にけがをさせた場合、死亡させた場合、後遺障害となった場合に及びます。
そして、自賠責保険の保険金等は迅速かつ公平に保険金等が支払われるように、国土交通大臣および内閣総理大臣により「支払基準」が定められています。

その支払基準というのは、傷害による損害の場合は最高120万円となっており、治療関係費・文書料・休業損害・慰謝料がその範囲となっています。
死亡による損害は最高3,000万円となっており、葬儀費・逸失利益・本人および遺族の慰謝料がその範囲となっています。
後遺障害による損害は、後遺障害の程度により分類され最高4,000万円となっており、逸失利益・慰謝料等がその範囲となっています。
また、死亡するまでの傷害による損害として最高120万円の支払いもあり、範囲は傷害による損害の場合と同様です。

以上のように支払い基準が定められており、加害者に十分な支払い能力がなくても、交通事故により多額の損失を被る被害者の救済をはかっています。

2台目以降も同じ所有者設定にする

自動車を所有する場合、ガソリン代のほかにも自動車税や保険の加入も大切な義務です。
自賠責保険は強制加入ですが、自賠責は、事故の相手方の被害に対して、法律で求められる最低限度の補償をするだけで、事故の態様によっては相手方に対しても十分な補償とは言えない場合もあります。
また、所有者自身の不詳や自動車の損害に対しては、任意加入の自動車保険に入っておく必要があります。

 自動車保険は、年齢条件や補償の内容を細かく設定することができますが、補償を手厚くするほど保険料は高くなり、一方保険料を抑えると、肝心なときに十分でないこともあります。
 車を持つすべての人にとって、任意保険の保険料節約は大きな課題です。

 家族で使うためや、目的によって、家に複数の車を所有している場合、2台目も所有者を同じにすると、保険料の節約になります。
 保険契約者を同じにして同じ保険会社で契約をすると、複数契約割引が適用されます。
 複数契約割引のメリットは、保険会社によっても異なりますが、共通点としては、これまで積み上げてきた割引等級を引き継ぐことができます。
 その他、複数契約では、通常年払いではなく月払いにすると保険料が割高になりますが、毎月払いでも年払いと同じ保険料で加入できる場合などがあります。

運転者限定

昨今の日本社会において、生活の足として欠かすことができないと言っても過言ではない自動車。
ビジネス・プライベートを問わず、私たちはその恩恵を数多く受けていますし、自動車がなければ生活に困るという人は世の中に数多くいることでしょう。

そんな便利な自動車ではありますが、安心、安全に乗るためには自賠責保険はもちろん、任意保険への加入も欠かすことはできません。自賠責保険だけでは物損事故のカバーができませんし、対人補償も完全とは言えません。また、自身や同乗者に対する補償もないので、万が一を考えて任意保険に加入をしておくのがベターと言えるのです。
任意保険に加入をする場合、保険料が比較的高額であるため、多くの人が頭を悩ませます。保険料を抑えるためにはどうするのが効果的なのでしょうか。
もしも自動車を運転する人が限られているのなら、運転者限定による割引制度を利用するのが賢いと言えます。
保険の対象とする人を記名被保険者のみや、記名被保険者とその配偶者のみとするなど、自動車の利用状況に合わせて保険対象を限定することで保険料を抑えることが可能なのです。
ただし、この割引制度を利用した場合、対象者以外が運転をして事故を起こした場合、保険金は支払われないので注意が必要です。

年齢の限定

家計のなかで大きなウェイトを占める自動車保険料。できることなら補償内容を削ることなく、保険料の支払額を節約したいものです。一般的に保険についてはライフステージの変化とともに見直すことが基本です。自動車保険に関しても、人生の節目に見直しをおこなえば保険料の節約につながるかもしれません。
自動車保険の保険料を簡単に節約できる方法として、年齢限定を設定するという方法があります。保険料は運転者の年齢が高くなればなるほど割安になります。全年齢を対象にしているよりは21歳以上、21歳以上よりは26歳以上、26歳以上よりは30歳以上のほうが保険料が安くなるのです。たとえば同居している子どもと車を共有している場合、子どもの年齢に合わせて限定すれば、保険料を節約することができます。また子どもが独立した場合は、親の年齢に合わせて35歳以上限定に変更すれば保険料はかなり違ってきます。
このように運転者の範囲を年齢で限定する仕組みは多くの保険会社で採用されていますが、保険会社によって年齢の区分が異なる場合もあります。すでに加入している保険会社の年齢区分を確かめるのはもちろん、他の保険会社の保険商品と比較して再検討することも大切です。

 

わりと簡単に節約できる保険料

無事故で過ごしたのに保険の継続時に保険料が上がっていた。
そんな話を最近はよく聞きます。
自動車保険は毎年値上がりしています。若者の車離れで、若年層の保険加入が減少している一方で、
高齢者事故増加など、保険金の支払い総額が毎年増えているのが原因だそうです。
保険会社によっては、お客様から預かった保険料の8割近くが保険の支払いにまわっている状況です。
諸経費を考えると自動車保険は赤字で、ほかの保険種目で補てんしている状況になっています。
とはいえ、高い保険料をそのまま払い続ける必要はありません。
節約の第一歩は、保険が解決策でなくても良いものは、何かを考える事です。
3万ぐらいの損害なら面倒な保険を使わないで、手出しする方がいい。
そう判断するなら免責(自己負担)設定をするだけで保険料は、大幅に下がります。
対物賠償は、大きな事故が心配なので無制限にしておくけれど、免責を3万つける。
小さな事故の時は、免責があるので保険は使えませんが、何千万もの大きな事故は、3万円だけ保険会社等に振り込めば
対応してもらえます。対人賠償保険・車両保険にも同様に免責設定が出来ます。
2012年10月から等級制度が変わりました。
従来は、いたずらや飛び石によるガラス破損は等級が下がりませんでしたが、今は翌年の保険料が上がります。
それも踏まえて、免責を付けて小さな事故は自己負担するやり方は合理的かもしれません。

最近の投稿